転職成功

転職で失敗したと感じている看護士の大半に共通すること

最近の転職は、看護師さんだけに限らずハローワークを利用せずに自分のライフスタイルに合わせて転職活動ができる転職サイトを利用してのパターンが一般的になっています。転職サイトだと深夜や早朝でも求人情報を見るコトができて、応募先とのやりとりをメールで行うことができるので、看護士の大半が複数の転職サイトに登録して転職をしました。

 

自分のライフスタイルに合わせて転職活動ができるので、自分の希望条件に近い医療機関などに転職をしているハズなのに、転職をして失敗したと感じている看護士さんが実際には数多く存在しています・・・実際・・・給与や待遇面、福利厚生などの改善、スキルアップなど人によって転職理由は違ってきますが、せっかく転職したのに前の職場環境と状況が変わっていないケースが、転職で失敗したと感じている方が多いようです。

 

このような転職で失敗したと感じている看護士の大半が、転職する際に登録した転職サイトが1社にしかないコトが原因のひとつとして考えられます。

リクルートの看護師求人

複数のサイトに登録しても担当者とのやりとりが増えるから面倒、転職活動に専念するためにも登録するサイトを限定したい、仕事が多忙すぎて1社の転職サイトとのやりとりで手一杯、などの理由がありますが、登録する転職サイトをすることを少なめにするのであれば、何を求めて転職するのかをハッキリさせておく必要があります。

 

例えば、大手企業のリクルートが運営している転職サイト「ナースフル」の求人情報は、夜勤もしくは残業がない求人情報が多いです。看護士が転職先の条件として希望で多いのが、残業がなく定時で終われる医療関係施設、勤務時間が日中限定で夜勤がない病院など、がほとんどです。

 

希望条件が多ければ多いほど、自分の希望に合った求人情報の数は激減します。そのため、1社のしか登録していないと自分の希望条件にあった求人情報がなく、仕方なく妥協して転職活動をする羽目になります。

 

一方、転職に成功したと感じている看護士さんは、多少面倒でも複数の転職サイトに登録している看護士がほとんどです。

 

また、もしあなたが結婚や出産などを機に退職した「元看護師」さんなら今なら復職が成功しやすい環境が整っています。

 

例えば、病院側もブランク年数が長い元看護師を受け入れる態勢を整えているケースが増えてきました。復職を希望している元看護師さんが1日も早く看護師としての感覚取り戻すため専属の現役看護師とペアで、1カ月間〜3か月ほどしばらく訓練を行うといったサポート体制です。

 

このようなサポート体制が整っている病院に転職した元看護師さんの多くが「病院側の受け入れ態勢をしっかりしていたので、以前働いていた看護師として勘を取り戻すまで時間も掛からず復職できた」という感想が結構あります。

 

今後はもっと、まだ幼い子供がいる元看護師に対してた勤務時間をフレキシブルに対応することで、もっと潜在看護師さん達が復職しやすい環境も増える傾向があるので、まずは試しに看護師転職サイトに登録してみることをおススメします。