バストを大きくしたい

無理なダイエット方法がむくみやバストサイズに影響する

痩せたいけれど、バストは小さくなりたくないと思っている女性は多いですよね!

 

しかし、間違ったダイエットをしてしまうとウエストや背中の肉はなかなか痩せないけれどバストだけが痩せてしまう残念な結果になりやすいのです・・・。

 

 

また女性は胸の形にコンプレックスを感じている人が多いです。バストは大きいのに垂れているとか、小さい上にバストトップが下を向いているとか、バストに関する悩みは人それぞれですが、色々あります。下半身が太りやすい人でも顔や上半身に肉がついていない人は結構いるのではないですか?

 

だからと言って胸を大きくするために太ってしまうとそれなりにバストも大きくなるでしょうが気になるお尻やウエストまで大きくなってしまいます。ダイエットをしながら胸を大きくするためには食べ物の栄養素を胸にまで運ぶ必要があります。そのためには体全体の血行をよくする必要があります。

 

血液は毎日の食事から栄養素を体の隅々まで運ぶ役割をします。また、無駄な脂肪を燃焼してくれます。血液の循環が悪いと胸を大きく育てる栄養が行き届いてくれません。

 

冷え性の人にはバストが小さい人が多い傾向があります。栄養が体の隅々まで行き届きづらいためです。このような冷え性体質の人は適度な運動や入浴で血液の流れを促す必要があります。

 

バストアップ法

 

下半身が太りやすい人の多くはむくみやすい

 

一方、下半身が太りやすい人の多くはむくみやすい人がいます。

 

とくに女性は月経前になるとむくみやすい体質になります。

 

また夕方近くになると下半身がむくみやすくなる人がいます。そのため、朝履いていた靴が夕方にはきつくなります。これは血行が悪くなり体内の水分のバランスが崩れて下半身に溜まりやすくなるからです。

 

 

バストアップのためとむくみ予防

 

  1. 体を冷やさない
  2. 入浴で体を温める
  3. 無理なダイエットメニューを続けない(栄養バランスの取れた食事をする)
  4. 適度な運動で筋肉を作り血流を良くする(その他に筋肉はエネルギーを燃焼する役割がある)
  5. 日常の姿勢に気を付ける(姿勢が悪いと上半身、特に胸周りに血液が循環しない)
  6. 腹式呼吸を心がける

 

無理なダイエット方法を続けていくと女性ホルモンのバランスが崩れるため胸の成長の障害にもなりかねませので気を付けた方がいいですね!!

 

 

胸を大きくする方法が知りたい女性必見

 

簡単に自宅でできるバストアップ方法。豊胸手術で高額費用を払って危険を冒さなくても、大丈夫。芸能人やアイドルもやっているトレーニング方法や食事療法を紹介。もう貧乳とは言わせない!

 

長年、Aカップで悩んできた管理者が、わずか半年でCカップになった方法などもあります。自分と同じように胸の大きさで悩んでいる人に役立ちたいとの想いからサイトを開設。『バストを大きくしたい』、『胸を大きくする方法が知りたい』そんなあなたのためのバストアップ法をきっと、見つかるはず。