パソコントラブル

パソコン利用者が増えトラブルも増える!?

小さな子供からお年寄りまでパソコンはもはや無くてはならない必需品になっています。職場でもいまさらパソコンでメールの送受信やワードやエクセルができない苦手などの理由が通じなくなっているほどできて当たり前の時代になっています。

 

一昔前まではパソコンを購入すると分厚い取り扱い説明書が何冊も付いてきました。設定しようとしても取り扱い説明書では理解できなくて結局サポートセンターに電話をした経験は誰でもあるのではないでしょうか?

 

しかし、最新のパソコンを購入しても以前のように取り扱い説明書はついていません。

 

パソコンやインターネットに詳しくない人でも感覚で設定できるようになってきました。そもそもパソコンを使う目的は色々なデータ(情報)を取り扱うための機械として利用しています。パソコンで音楽を聴いたり、画像をみたり作ったりして楽しむ人もいます。例えばパソコンで音楽を聴くために必要なファイル(音楽データ)をパソコンに取り込んで再生して楽しむことができます。この場合は音声を再生するための音声ファイルが必要になってきます。Windows Media Playerなどの音声を再生するためのソフトウェアや再生された音声が出力する装置のスピーカーなどが必要なってきます。

 

さらに、パソコンで写真を取り込んだり動画や文書・計算をすることができるのは画像用のファイルや動画ファイル・文書ファイル・計算ファイルなどのデータを扱うことができるファイルが入っているからです。パソコンを使う目的によっては色々な条件や設備が必要になってきます。パソコンの使い方や仕組みが少しでも分かってくると少しでも快適に使うために理解できるようになってきます。

 

さらに、大事なデータを作っている最中にフリーズしたり、トラブルが起きても冷静に対処することが必要です。

 

WINDOWS操作

 

パソコンの強制終了は危険

 

例えば、パソコンで急ぎの仕事をやり始めたとたん、雷雨に見舞われてしまい、いきなり停電になりパソコンの電源も落ちてしまったりすると作業も中断してしまい大変な思いをしてしまったという人も中にはいます。パソコンとはいえデリケートな製品なのでいきなり電源が切れてしまうと例え、再起動できてもトラブルが発生する場合があります。時々初心者のユーザーの中にはパソコンの動きが遅くなったり、トラブルを起こした場合に家電製品のようにいきなり電源コードを引き抜いたりして切ってしまう人がいます。

 

しかし、毎回強制的に電源を切ってしまうとプログラムが正常に作動しなくなったり、最悪の場合はパソコンが立ち上がらなくなる場合があります。

 

また、作業中に雷が鳴り出した時は通常の手順で、できるだけ早くパソコンの電源を切ることが大事です。パソコンの作業中に雷が万が一落ちてパソコンに電流が流れてしまうとパソコン内部のマザーボードやメモリーなどが壊れてしまう場合が多いからです。

 

通常のパソコンの停止方法は「スタートボタン」から「電源を切る」で、実行します。プリンターなどの周辺機器に関してはパソコン本体の電源を切ったあとでも先でも電源ボタンを押しても大丈夫です。

 

また、大事なデータや文書を指定の場所に保存せずに印刷する時、トラブルが生じる場合もあります。なので小まめに保存することが大事です。時には作業中に表示が遅くなったり、マウスやキーボードが反応しなくなりフリーズした場合には強制的に停止する必要があります。この場合の停止方法は「Ctrl + Alt + Delete」キーボタンで停止します。大きなトラブルがなければ通常通りの動きをしてくれます。

 

しかし、パソコンはデリケートな製品なのでごく稀に再起動してもトラブルを回避できない場合もあります。

 

 

パソコントラブル解決

 

ウィンドウズが起動しないなどのパソコントラブルやハードディスク故障の際に、データ復旧したい人は要チェックです。データ復元サービス業者の評判をチェック!『ハードディスクデータ 復旧業者の選びかた』では、それぞれの会社の評判や感想体験談を公開中!

 

データの救出を業者にお願いする場合でも、値段だけで選ばず、データ復旧サービス業者の評判を徹底比較した上で、お願いをした方が安全です。特に物理的な障害があるハードディスクなどの場合には、最初の業者選びは大変、重要になってきます。

 

あなたは物理障害のデータ復旧料金の相場を知っていますか?ウィンドウズパソコンの内蔵HDD単体の場合、30万円から40万円はかかります。非常に高い料金ですよね。バッファロー製のテラステーションなど内蔵HDDが2台以上、8台などあるケースもあります。その場合、データ復旧サービス費用は100万円ほどです。それだけ高い費用がかかるのですからデータ復旧業者の評判やサービス内容についてしっかりチェックしてから選びたいものです。

 

 

これまでシステム管理者として、会社全体で300台以上のパソコンとサーバーの保守管理をしてきたサイト管理者が、実際に、様々な業者に依頼をし、見積りをしてきた経験から、データ復元業者の選び方を徹底解説。