退職する際のルール

退職願が受理されるまでは

退職することを決めたら気持ちが軽くなってしまいがちです。そのため同僚に辞めることを話したくなったり、緊張して勤めていた気持ちが緩くなって、ちょっとした失敗をしやすくなります。

 

また退職するにあたって、退職のタブーというのがあります。

 

知らない人がいるかもしれませんが、同僚に自分が退職をする話しをする人が多いと思いますが、それもタイミングによってはタブーになります。とくに退職願の場合は、会社や企業と話し合いをしてから退職が受理されますので、退職願が受理されるまでは、同僚に話すべきではありません。

親しい同僚には退職の話はしたほうが良い?悪い?

また、中の良い上司がいたとしても、直属の上司に話をしていない段階で話をすることもタブーのひとつですので、まずは直属の上司に退職の話しを最初にすることが大事です。退職するという話しは、中の良い同僚などに「内緒にしていて」と言ってもなかなか内緒になる話しではありません。

 

退職するという話しを聞いた同僚も悪気がなくても、業務の引継ぎとかで他の人に話してしまう可能性はあります。ハッキリと退職することが決まるまで内緒にしておかないと、会社から強い引き止めにあって、考え直して退職を撤回したときに何かと面倒になるかもしれません。

 

職場内だけならまだしも、ハッキリ退職が決まっていない状態で取引先や顧客に退職話が流れてしまうのも問題です。そのため介護や結婚とかで退職するなら親しい同僚にのみ理由を話しても大丈夫ではありますが、会社や企業に不満があって退職する場合は親しい同僚にも話さない方が良いです。

 

不満を話された同僚が理解してくれたとしても、同僚はその後もその会社で勤めるのですから、同僚たちがあまり気持ちよくない状態になることは避けるべきです。あくまで円満退職をするためには計画をしっかり立ててから行いましょう。