失業期間が長くなってしまった場合

失業期間が長くなってしまう理由

前に勤めていた会社や企業を退職して転職しようとしても、当初予定していた以上に転職活動が上手くいかず、長期間にわたって転職活動をすることはよくあることです。

 

「すぐに新しい転職先が見つかるだろうと思っていた・・・」けどなかなか転職先が見つからずに、失業期間が長くなってしまい、貯金も減り、失業保険の受給期間も終わり、経済的に大変になってしまうということがあります。

 

このように一般的に失業期間が長くなってしまう理由としては、『自分のやりたい職種、業種の募集がない』、『応募しても不採用になってしまう』、『給与や福利厚生などが自分の希望に合わない』、『正社員を希望していたのに最初はアルバイト扱いにすると言われた』、『面談で話したコトと応募時の内容が一致しない』など、様々な理由があります。

失業期間中に何をしていたのかが問題

特に転職をするとなれば、ほとんどの人が前の職場よりも良い条件や高い給料を望んでいる場合が一般的です。

 

数百万円の給料アップを望んでいる人もいれば、自分の能力を活かせる職場を求めている人、週休2日制の職場で勤めたい人など、望んでいる良い条件は人によって違いますが、失業期間が長くなってしまうと転職希望先に応募した時に、次の会社の書類選考や面接でマイナスなイメージを与えやすくなります。

 

というのも応募した会社側にとって、失業期間中その人が何をしていたのかが問題となります。

 

特に日本での中途採用は転職が増えたといっても、厳しいと言われています。その理由としては日本の場合、中途採用で採用する場合は即戦力になる人材を求めているからです。そのため失業期間が長いと、採用してもブランクがあってビジネス感覚が鈍ってしまったのではないかと思われがちになります。

 

そう思われないためにも失業期間が長くなってしまった場合は、学校やビジネスセミナーなどに参加して勉強をしていた、留学をしてスキルアップをしていたなど、資格試験の勉強をしていたなど、応募先の担当者がプラスの印象を持てる様な理由が必要になってきます。

 

また何カ所か面接をしたけど採用されなかったから失業期間が長くなってしまったという理由も応募した会社に良い印象を与えません。他の会社が不採用にするってことは何か問題があるのではないか、と思われてしまうからです。そのため余計な理由は云わないことです。

 

失業期間が長くなってしまった場合の転職は難しくなると言われていますが、面談で応募した会社に良い印象を与えられる様にある程度、質問の答えを用意しておくことが転職が成功する秘訣になります。お忘れなく!!