退職後の転職活動のメリットとデメリット

退職後の転職活動のメリットとは

転職を考えている人の中には、もしかしたら退職をしてから転職活動をすれば良いと思っている人も少なくないでしょう。普通に退職をして一息ついてから、転職に向けてから頑張りたいという気持ちもあると思います。

 

ですが、退職してからの転職活動にはメリットとデメリットの両方があります。退職後の転職活動のいちばんのメリットは時間を自由に使うことができることです。

 

面談を受けるのでも、転職先の都合にこちらが合わせることが出来ます。

 

例えば・・・就業中だと時間の都合をつけるのが難しくて、面談を受けるときにこちらの都合に合わせてもらわなければならないこともあります。転職を考えている会社や企業にコチラ側の都合を押し付けることは気が引けてしまいスケジュールも上手く進めることが出来ません。

 

また退職後であれば、退職金や失業手当を貰いながら、じっくりと時間をかけて転職活動をできるメリットがあります。

退職後の転職活動のデメリットとは

その点、退職をしていれば「明日から来れますか?」という唐突な要望にも対応できるので、転職先に好印象を与える良い機会でもあります。また、退職をしていることで就業開始日も転職先の希望に応えることができます。

 

けれど退職後の転職活動のデメリットは予期せぬ出来事です。すぐに新しい転職先が見つかると思っていたけど、なかなか新しい転職先が見つからないこともあります。

 

退職する前は景気が良かったのに、退職後に急激に景気が低迷することもあります。年齢や勤続年数などによっては変わりますが、1年間ほど失業手当がもらえうケースでは、1年後には景気がまったく変わってしまうことも考えられます。また転職がなかなか思ったように順調にいかないとモチベーションも低下してきます。一旦、モチベーションが低下してしまうと、面談でも面接官に好印象を与えるのが難しくなってしまいます。

 

その他にも、退職後の期間が長くなると、面接などでその理由を聞かれて窮してしまう場合もありますので、あらかじめ、その理由も考えておく必要があります。

 

そのため在職中の転職活動した方が、一般的には転職しやすい傾向があります。但し、人それぞれ自分の環境や性格によって在職中に転職をするか、退職後に転職をするかは決まってくるので、自分に合った転職活動を行いましょう。