在職中の転職活動のメリットとデメリット

在職中の転職活動のメリット

転職を考えている人の大半が、今勤めている会社を退職する前に新しい転職先を見つけておきたいと思うのではないでしょうか。終身雇用制が崩壊しつつある日本社会では、転職をすることが当たり前となってきています。

 

しかし、それでも退職をしてから転職をする方もいっらしゃいます。でも退職してからの転職活動では新しい勤務先が決まらなかったら大変です。

 

そのため・・・在職中に転職活動をすることが悪いことではありません。但し、在職中に転職活動をすることはメリットばかりではなくデメリットもあります。 在職中の転職活動のメリットは、在職中に次の勤務先を決めることで、退職しても次の仕事があることで安心感を得ることができ、仕事に対するモチベーションも低下しません。

在職中の転職活動のデメリット

一方、在職中の転職活動のデメリットは、転職活動の難しさがあります。退職後に新しい転職先を探すことは時間があるため難しくはありませんが、在職中の転職活動の難しさが時間を作ることです。

 

大学や高校の就職活動のように会社の面談に行く時間を自由設定できないことです。平日に休みがある職場に勤めている場合は、休みの日に面談に行くことは可能です。

 

しかし、勤め先も面談を受ける会社が土日にしか休みがない日は仕事がある平日に面談を受けなければなりません。勤めている会社に転職を内緒にしたまま「面談があるから休ませてください」と言うわけには行きません。

 

また、在職中に転職の面談をすると「いつから出勤できますか」と必ず質問されます。この質問の答えが在職中に転職活動をするうえでの難題でもあります。

 

今の勤め先に退職願を提出している場合なら、退職する日が決まっているので返事をすることができますが、退職願を提出していない場合はいつ退職できるか分からないことです。

 

退職願を提出していなければ、最短でも転職先に出勤できる日が1ヶ月後になる可能性が充分にあります。転職先が1ヶ月先でもかまいません、と言ってくれる所ばかりではありません。今すぐにでも人が欲しいと思っている会社や企業もあれば、2週間後に出勤してくださいと言う会社や企業もあります。

 

そのため退職の都合がつかなければ、転職先と話しが付かないこともあります。在職中に転職活動をする場合は、今の勤め先にも転職を考えている先にも悪い印象を持たれないように気を付ける必要があります。