転職サイト 求人情報

社会人の転職活動は難しい

大学生や高校生の頃の就職活動は、掲示板に張り出されている会社や企業、就職セミナーなどに参加して就職活動した人が多いと思います。

 

入社した頃は転職なんて考えていなかったけど、昨今の不況で会社の業績が悪く、給料が減った、ボーナスが減った、残業だけが増えた、同僚が辞めていくなど今の職場に何らかの不安や新しいことに挑戦して自分を試してみたいと思ったとき、転職をしてみようかなと思う人が多いのではないでしょうか。

 

但し・・・転職を思い立っても、当たり前ですが、学生時代と違うことは、社会に出てしまうと自分で転職先の会社を探して決めなければいけないことです。

 

学生の頃だと、先生や学生課の担当事務の人がより良い企業を探し出して求人情報を掲載してくれていました。何か分からないことがあれば担当事務の人にも相談することができ、面接に行くときは本来は講義の時間でも出席あつかいにしてくれるなど、様々な手助けがあった人もいると思います。

 

しかし一度、社会に出て社会人になると、そのような手助けというものがなくなってしまい、全て自分でスケジュールも調整し行う必要があります。

 

また平日に休みがないとハローワークにも行くことができず、また、就業時間内はずっと中での勤務中のため外に出られない人もいます。

 

では、そういった場合、どうやって転職をすれば良いのでしょうか?

在職中で時間が取れない人は

そういう時こそ、転職サイトに登録して、求人の情報を集めて申込をするわけです。

 

最近はインターネット上に転職サイトが驚くほどたくさんあります。転職サイトは転職を目的としたサイトため、日本全国の求人を公開しています。そのため自分が希望する地域に限定した転職を考えることができるのが、メリットです。転職サイトのシステムは様々ですが最近、転職サイトで多いのが一次審査はネットからエントリーできることです。

 

登録をして学歴や職歴、自己PRを書いて応募したい会社に送信すると、決まった日までに応募した会社から返事が届くシステムが一般的です。応募した会社が興味を持ってくれると、履歴書を会社に送ってきて欲しいとか面談の返事が来ます。

 

基本的に転職サイトを利用して転職をする場合は、メールでの連絡のやりとりになるので、在職中に時間があまり転職活動に取れなくても、転職サイトを利用することで、好条件の転職先を見つけやすくなります。