退職の挨拶および挨拶状

退職の挨拶はいつしたらいいの?

退職はどのような流れで正式に決まるのでしょうか?

 

一般的に退職願が受理されるか、退職届を提出した場合に、正式に退職することが決まります。会社や企業によっては退職を受理したら、業務連絡として出すところや朝礼など従業員が一同に集まる機会に知らせることがあります。職場内で知らせる場合は、退職日より前に連絡をします。

 

そのため退職の挨拶をいつしたらいいのか分からない方がいると思います。最終出社日に退職の挨拶をするのは当たり前です。

 

この最終出社日に退職の挨拶では理由などは述べずに手短に簡潔に退職の挨拶をします。

 

但し受理されて、発令が出て職場内の人間が知るようになった場合、最終出社日に関わらずキチンと挨拶をしましょう。

挨拶状の文面

尚、最初に挨拶をするのは、関係部署やお世話になった社員です。挨拶も「このたび退職することになりました。最終日に改めてご挨拶します」など、簡単に言いましょう。

 

最終出社日も、例え事前に既に挨拶をしていても、時間があれば上司の人には「今日が最後の日になりました、大変お世話になりました」と、あらためて挨拶に回るのも失礼ではありません。

 

また、退職が決まったらお世話になった取引先や顧客に退職の挨拶状を出します。

 

引継ぎなどで直接会って挨拶をした場合は挨拶状を出す必要はありませんが、挨拶周りをしていない所は突然、担当者が変わったら驚くので忘れずに挨拶状を出すことが大切です。

 

その際、挨拶状の文面に新しい職場が決まっている場合は書いても書かなくてもかまいません。