健康保険の手続き

失業保険と同じくらいに大事なのが

会社や企業を退職するときに大抵の人が失業保険のことで頭がいっぱいになっていると思います。

 

確かに失業保険は新しい職場を見つけるまでの活動に必要なお金でもありますが、失業保険と同じくらいに大事なのが健康保険です。退職を予定している人でも知らない人がいるかもしれませんが、健康保険は退職の翌日には健康保険が切れてしまいます。

 

つまり、退職した翌日に病院にかかってしまうと医療費を全額自腹で払うことになってしまうのです。健康保険は加入していることで、医療費の自己負担が3割になります。

 

よく勘違いされるのが月初めに退職をしたら、健康保険はその月は使えると思っている人が多いようですが、そうではありません・・・。

 

実際は月初めに退職をしたら、日割りで健康保険の金額が計算されているので退職日までしか使えないようになっています。新しい転職先が決まっていれば不安はないのですが、転職先が決まっていない場合や次の転職までの間が長いと、健康保険に加入していない状態では何かがあったときにあとで大変困ることになります。

 

 

健康保険に加入していないと、風邪などで病院にかかった場合に医療費を全額自腹で払わなければなりません。独身ならまだ自分だけで済みますが、家族や子供がいると急な病気や怪我をしたときに困ってしまいます。そのため健康保険だけはどんな場合であっても加入していた方が良いでしょう。忘れずにスグに手続きに行きましょう。

健康保険に加入する手段は3つ

尚、退職後に健康保険に加入する手段は3つあります。

 

  1. 1つめが国民健康保険に加入する方法です。
  2.  

  3. 2つめが任意継続保険者になる方法です。
  4.  

  5. 3つめが被保険者になる方法です。

 

3つめの被保険者になるということは、家族の健康保険の被扶養者になるということです。

 

この3つの健康保険はどれも医療費の自己負担は3割になります。