任意継続被保険者制度手続き方法

退職後も2年間なら従前の健康保険に加入できる

任意継続被保険者制度をご存知ですか。退職をしてみて初めて任意継続被保険者制度というのを知る人が多いと思います。

 

というのも退職をした場合、健康保険の加入をどうするかが問題となるためです。加入する場合、国民健康保険に加入する若しくは任意継続保険に加入するの2択でどちらかを一般的に選ぶことになりますが、
共働きをしている家庭の場合、パートナーの保険の扶養になるという選択もできます。

 

一方、任意継続被保険者制度は・・・一般的には任意継続被保険者と呼ばれており、退職するまでに継続して2ヶ月以上の被保険者期間があれば、退職後も2年間なら従前の健康保険に加入することができる制度のことです。

退職後20日過ぎると申請できないので注意

任意継続被保険者制度を利用するのなら、退職の翌日から20日以内に社会保険事務所もしくは健康保険組合に申請します。

 

政府管掌健康保険の場合は自分の住所を管轄する社会保険事務所へ、健康保険組合の場合は健康保険組合へ、自分が加入していた保険によって申請先が異なります。

 

また退職後20日以内に申請を行うことが厳守となっています。退職後20日過ぎてから申請を行っても申請が受理されませんので、注意をしてください。尚、任意継続被保険者制度を利用した場合の保険料は、健康保険の月額料を全額、自分で払うことになります。

 

在職中は会社、企業側で約3分の2を払ってくれていたため、自分で全額払うことになると在職中よりも高くなります。多少の前後はありますがおおよそ、在職時の保険料の個人負担の3倍くらいになります。